FANDOM


ヴァナ・ディールで生活するにあたって、5 つの種族が選べます。

エルヴァーン

View Models

サンドリアに城を持ち独自の騎士団を形成する、誇り高き戦士の民。長身ですらりとした体躯を持ち、とがった耳が特徴の種族。何者にも打ち破れぬ信念と誇りに裏打ちされた、精悍な顔つきをしている。男女共に剣技に長けている。

騎士として清貧な生活を心がけているものが多く、あまり商才は無いようだ。

ガルカ

View Models

今から600年前、南西のゼプウェル島にあったガルカの都が巨大蟻族の襲撃にあい、陥落。都を失ったガルカ達は世界各地に散らばる事になるが、その一部がバストゥークを住み処と根をおろす。

強靱な肉体を持ち、その見事な体躯が生み出す腕力は他種族の敵うものでは無い。バストゥークではその腕力を奮い、数々の鉱山開発に貢献してきた。一部のガルカヒュームに対して良い印象を持っていないようだ。

ヒューム

View Models

バストゥークを始め、世界各地に住む、最も人口の多い種族。基本能力において他種族のような特徴はないが、バランスはとれている。また、知恵深く、技術に長けている。

新興国家であるバストゥークを他の 2 国に引けをとらない大国として拡大せしめたのも、その能力とバストゥークの地の利を活かした産業への臭覚のおかげだろう。

ミスラ

View Models

タルタルと共にウィンダスに住まう、女ハンター。ハンターならではの敏感な聴力を象徴するような耳と、バランス感覚を一層確かなものにする長い尻尾が特徴。いたずらっぽい表情が好奇心の旺盛さを表している。

ウィンダスでは、タルタル族と友好的な関係にあり、互いの種族が持つそれぞれの能力を生かし、協力し、ウィンダスをより一層豊かな国にしている。

タルタル

View Models

ウィンダスの主要構成種族。その見た目は小柄で子供のように見えるが、年齢とは関係が無い。元々魔法に秀でた種族であるが、『世界の種』を研究し、その技にさらに磨きをかけている。

ウィンダスが戦火によって滅びかけた時も、彼らのひたむきな努力と勤勉さから復興にそれほど時間はかからなかったと言う。また、同じくウィンダスに住むミスラとは友好関係にある。


種族の選択 編集

5 つの種族にはそれぞれ 16 種類のモデルが用意され、種族に応じて性別も選べ、 128 通りの選択肢がありますCharacter Models。 そして、それぞれのモデルには S, M, L のサイズが適用できるので、384 通りの容姿が選べます。 さらに、3 つの所属国、18 の戦闘ジョブとそれぞれに 75 段階のジョブレベルがあるので、まったく同じものが存在する割合は 1,555,200 分の 1 なのです。

自分の好みにぴったりな種族を選ぶ点ではとても自由度が高いですが、戦闘ステータスは種族ごとに大きく異なり、どの種族を選ぶかで装備品の選択に大きく影響を与えるでしょう。複数のジョブで遊ぶことが普通なだけに、すべてのジョブに対して万能な種族を選ぶというのは現実的ではなく、その必要も無いでしょう。 ただし、いくつか例外はあります。力いっぱいな強力な前衛を目指すならばエルヴァーンを選ぶとよいでしょう。魔力と MP 総量に物を言わせる黒魔道士を目指すならばタルタルがよいでしょう。 最後に、いろいろなジョブを渡り歩く上でオールラウンドなステータスが欲しいのであれば、ヒュームが妥当な選択でしょう。 なお、性別および体格サイズはステータスには影響を与えません; すなわち、L サイズのエルヴァーンが M サイズのエルヴァーンよりも強いというわけではありません。

種族分布統計 2007 編集

種族分布、および種族ごとの性別や性別の分布を見ていきましょう。 まず、トップは前回同様ヒューム男性でした。しかしながら、2 位のタルタル男性がこれを勢いよく追い上げているため、次回調査時には順位が入れ替わっている可能性もあります。また、タルタル男性と比べタルタル女性の比率が抑えられているのは興味深いところです。 今回の調査で、唯一順位の変動があったのは、4 位と 5 位です。前回 4 位のエルヴァーン男性が 5 位となり、代わりに前回 5 位だったヒューム女性が 4 位にランクアップしています。

性別の割合は男性 54.24%、女性 45.76% と、前回同様、男性の割合が若干多くなっていますが、全体的にバランスがとれた結果となっています。

The 7th Vana'diel Census (06-27-2007)-5

種族分布統計 2006 編集

種族分布の結果によると、前回タルタル男性にトップの座を譲ったヒューム男性が再び 1 位に返り咲きました。姿やしぐさが身近に感じられるヒュームの人気は、やはり根強いのでしょうか。その他の順位に変動はありませんが、今回は男女比にやや変化がありました。タルタル以外の種族で男性の割合が前回より増え、全種族の女性の割合が減少しています。

サイズ選択の傾向は、前回と同様に種族や性別のイメージをそのまま反映する結果となっており、小さくかわいい種族や女性キャラクターでは S サイズが、大きくたくましい種族では L サイズが選択される傾向にあるようです。しかしエルヴァーン男性だけ結果に変動が起きています。前回は L サイズを選択する人が多かったのですが、今回は M サイズがトップとなっています。

RacialDistribution

種族分布統計 2005 編集

前回 1 位だったヒューム男性はタルタル男性に追い越され、ミスラが 4 位から 3 位へ浮上しています。これはかわいい外見のキャラクターに人気が集まっているのか、それとも……?キャラクターの性別では男女比が約 5:5 と昨年と同比率となっています。

サイズ選択の傾向では、ヒューム男性を除き、各種族が持つイメージをそのまま反映し、タルタルではより小さな、ガルカではより大きなキャラクターを選ぶ率が高くなってきています。エルヴァーン男性でも、昨年トップだった M サイズに代わり、今回は L サイズがついにトップとなりました。

Racedistribution

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki