FANDOM


CharacterCreation1

プレイヤーキャラクターとして選べる 5 つの種族には、それぞれ 16 の外観(モデル)があります。種族によっては性別の制限があるため、選べる組み合わせは128通りになります。 さらに、それぞれのモデルには、'S', 'M', 'L' のサイズがあるので、 384 通りのルックスを選べることになります。それに加えて、3 つの所属国、18 のジョブ、75 段階のジョブレベルといった要素を合わせると、あなたのキャラクターとまったく同じものが存在する割合は、わずか 1,555,200 分の 1 となります。

自分の好みにぴったりくる種族がどんなものであろうと、それにフィットするような選択の幅はとても広くできています。 ですが、基本的な戦闘ステータスは種族ごとにまちまちで、どのジョブをプレイするかで装備品の選択に最も大きな影響を与えてくるのは種族という要因でしょう。 ひとつだけのジョブに絞って遊ぶよりは、複数あるジョブをいろいろと遊ぶことのほうが一般的なので、"完璧" な種族というものを選ぶことは現実的ではなく、その必要もないでしょう。 とはいえ、いくつかの例外はあります。 もし、強力な武器を片手に豪腕なデキる前衛として遊んでみたいなら、エルヴァーンを選んでみてはいかがでしょう。 もし、あふれる知性と圧倒的なMP総量で物を言わせる黒魔道士になるなら、タルタルがいいでしょう。 最後に、オールラウンドな能力でいろいろなジョブを股にかけて活躍したいと思っているならば、ヒュームが妥当な選択でしょう。 戦闘というゲームの枠で見た場合、攻撃力と MP に関することを除けば、自分の好みを押し殺してまで種族の選択に思い悩むことはないでしょう。 攻撃力や MP にしても、キャラクタを一定の傾向のジョブに限定して種族の特性をジョブに活かしてプレイしたいと感じている場合を除けば、あまりはっきりとした答えは出ないものです。 種族的短所も、装備品やプレイの工夫で克服できてしまうものですから。

キャラクター作成の手順

ファイナルファンタジー XI を遊び始めるにあたって、まずはキャラクタを作成します。 キャラクター作成作業はいくつかの段階に分かれています。 各段階で、あなた自身のゲーム体験をカスタマイズできるよう、選択肢がいくつか用意されています。 リンクをクリックすることで、このページ内の詳細解説の節へジャンプできます。

1. 種族性別 (ミスラとガルカの性別は固定) → 2. フェイスタイプ → 3. 髪の色 → 4. 体格 ('S', 'M', 'L') → 5. メインジョブ → 6. キャラクター名とワールドサーバ → 7. 所属国

ゲームのトップ画面にある "新規作成" を選ぶと、キャラクター作成が始まります。 事前に、ファイナルファンタジー XI のログインのトップ画面から コンテンツ ID を契約しておく必要があります。 1 アカウントにつき最大で 16 のコンテンツ ID を購入でき、アカウントにキャラクターを紐付けすることが出来ます。 すでに 16 キャラクターを保有している場合、そのアカウントにはもう新規キャラクターを追加は出来ないので、 すでにあるキャラクターのどれかを "キャラクター削除" することでコンテンツ ID の空きスロットを作る必要があります。

初めてのキャラクター作成時、コンテンツ ID をひとつ購入していると、1 スロットだけ空いているのがわかるとおもいます。 空いているスロットを選ぶことで、キャラクター作成が始まります。

キャラクターを削除しただけではコンテンツ ID は解約されたことにはなりません。 コンテンツ ID を解約するには、ファイナルファンタジー XI のログインの トップ画面の "コンテンツID" から、"コンテンツ ID の解約"を選び、手続きを行う必要があります。

1. 種族と性別

ファイナルファンタジー XI の世界には数多くの種族が暮らしています。 自分にぴったり合うと思ったものを選びましょう。 一度ゲームを始めてしまうと、種族や性別を変えることは出来ません。 なので、キャラクター作成を確定させる前に、各種族の説明についてはよく目を通しておきましょう。 性別や体格の選択が及ぼす影響は、純粋に外観のみなので、個人の好みで選んでください。 すなわち、性別や体格でステータスが変化することはありません。 男性が女性より攻撃力が強かったり、女性は男性ほど INT が高くない、といったことはありません。

ヒューム (男性/女性)
ヒュームは、バストゥーク共和国をはじめ、世界中に住んでいる(設定上)最も人口の多い種族です。基本能力において、他種族のように特徴はありませんが、バランスがとれています。プレイ開始時点での装備は、ヒューム男性はヒュームチュニック一式、ヒューム女性はヒュームベスト一式です。ヒュームを選び、所属国としてバストゥーク共和国を選ぶと、追加でバストゥークリングを持った状態でスタートできます。
エルヴァーン (男性/女性)
すらりとした長身の種族で、剣技に長けたものも多い、サンドリア王国の主要構成民です。プレイ開始時点での装備は、エルヴァーン男性はエルヴジャーキン一式、エルヴァーン女性はエルヴボディス一式です。エルヴァーンを選び、所属国としてサンドリア王国を選ぶと、追加でサンドリアリングを持った状態でスタートできます。
タルタル (男性/女性)
ウィンダス連邦の主要構成民で、魔法に長じたものの多い種族です。子供のような姿をしていますが、年齢とは関係がありません。プレイ開始時点でのタルタルの装備は、タルタルカフタン一式です。タルタルを選び、所属国としてウィンダス連邦を選ぶと、追加でウィンダスリングを持った状態でスタートできます。
ミスラ
ウィンダス連邦や周囲の島々に暮らす少数民。大きな耳とよく動くしっぽを持ち、敏捷性に優れたものが多い種族です。男性は個体数が少なく、出歩くのはもっぱら女性だけです。プレイ開始時点でのミスラの装備は、ミスラセパレーツ一式です。ミスラを選び、所属国としてウィンダス連邦を選ぶと、追加でウィンダスリングを持った状態でスタートできます。
ガルカ
主にバストゥーク共和国にすむ少数民で、大柄な肉体を有して腕力に秀でたものを多く輩出する種族です。転生(生まれ変わることが)できるため、性差はありません(が、形式的に男性として類別されます)。プレイ開始時点でのガルカの装備は、ガルカサーコート一式です。ガルカを選び、所属国としてバストゥーク共和国を選ぶと、追加でバストゥークリングを持った状態でスタートできます。

2. フェイスタイプ

各種族にはそれぞれ 8 種類のフェイスタイプが用意されています。好みの種類を選びましょう。

3. 髪の色

選んだフェイスタイプには、さらに 2 種類の髪の色が用意されています。好みの種類を選びましょう。

キャラクターモデル

下図では、キャラクターメイキング画面専用の高画質レンダリング版キャラクターモデルの画像、全 128 種類をを列挙しています。 フェイスタイプと髪の色は実際のキャラクターメイキング画面に対応しています。 この表を参考に、好みの容姿をいろいろと比較しながら決めてみましょう。 なお、フェイスタイプの数字と髪の色タイプの文字は、実際のキャラクターメイキングのものと同じです。 サムネイル画像をクリックすることで、フルサイズの画像を見ることが出来ます。

ヒューム
女性 フェイス 1 フェイス 2 フェイス 3 フェイス 4 フェイス 5 フェイス 6 フェイス 7 フェイス 8

A
Hf1a Hf2a Hf3a Hf4a Hf5a Hf6a Hf7a Hf8a

B
Hf1b Hf2b Hf3b Hf4b Hf5b Hf6b Hf7b Hf8b
Hm8b Hm7b Hm6b Hm5b Hm4b Hm3b Hm2b Hm1b
B
Hm8a Hm7a Hm6a Hm5a Hm4a Hm3a Hm2a Hm1a
A
フェイス 8 フェイス 7 フェイス 6 フェイス 5 フェイス 4 フェイス 3 フェイス 2 フェイス 1 男性
エルヴァーン
女性 フェイス 1 フェイス 2 フェイス 3 フェイス 4 フェイス 5 フェイス 6 フェイス 7 フェイス 8

A
Ef1a Ef2a Ef3a Ef4a Ef5a Ef6a Ef7a Ef8a

B
Ef1b Ef2b Ef3b Ef4b Ef5b Ef6b Ef7b Ef8b
Em8b Em7b Em6b Em5b Em4b Em3b Em2b Em1b
B
Em8a Em7a Em6a Em5a Em4a Em3a Em2a Em1a
A
フェイス 8 フェイス 7 フェイス 6 フェイス 5 フェイス 4 フェイス 3 フェイス 2 フェイス 1 男性
タルタル
女性 フェイス 1 フェイス 2 フェイス 3 フェイス 4 フェイス 5 フェイス 6 フェイス 7 フェイス 8

A
Tf1a Tf2a Tf3a Tf4a Tf5a Tf6a Tf7a Tf8a

B
Tf1b Tf2b Tf3b Tf4b Tf5b Tf6b Tf7b Tf8b
Tm8b Tm7b Tm6b Tm5b Tm4b Tm3b Tm2b Tm1b
B
Tm8a Tm7a Tm6a Tm5a Tm4a Tm3a Tm2a Tm1a
A
フェイス 8 フェイス 7 フェイス 6 フェイス 5 フェイス 4 フェイス 3 フェイス 2 フェイス 1 男性
ミスラ
女性 フェイス 1 フェイス 2 フェイス 3 フェイス 4

A
M1a M2a M3a M4a M5a M6a M7a M8a
M1b M2b M3b M4b M5b M6b M7b M8b
B
フェイス 5 フェイス 6 フェイス 7 フェイス 8 女性
ガルカ
男性 フェイス 1 フェイス 2 フェイス 3 フェイス 4

A
G1a G2a G3a G4a G5a G6a G7a G8a
G1b G2b G3b G4b G5b G6b G7b G8b
B
フェイス 5 フェイス 6 フェイス 7 フェイス 8 男性

4. 体格

キャラクターの外見を決めたら、次は体格を 'S', 'M', 'L' の 3 つから選びます。 体格は性別と同じく見た目だけに反映されるデータで、純粋に個人の好みの範疇内の要素です。 すなわち、性別や体格の大小でステータスに影響は及びません。 'L' サイズのエルヴァーンが 'M' サイズや 'S' サイズのエルヴァーンよりも強いわけではありません。

5. メインジョブ

続いて、ジョブ(戦闘スタイル)を決めましょう。 おのおののジョブにはジョブアビリティと呼ばれる一連の能力が備わっており、戦闘時の役割が違ってきます。 ゲームを進めるにつれて、これらジョブアビリティの重要さがわかってくることでしょう。 ゲーム開始時には 6 つのスタンダードジョブの中から 1 つを選びます。 ジョブはゲーム開始後でもモグハウス内でいつでも変更可能です。

スタンダードジョブ

スタンダードジョブは、ゲーム開始時点で選択可能な 6 つのジョブです。 駆け出しのころは往々にして自分自身があまりに弱いことを思い知らされてしまうものですが、 経験値を稼ぎ、ゲームを進行させていくにつれて、自分自身が目に見えて成長していくことに気付くでしょう。 ゲーム開始時のスタンダードジョブの選択によって、装備品や魔法スクロールなどのアイテムがボーナスとして初期所持品に加えられます。

戦士
様々な武器を使いこなす近接戦のエキスパートです。様々な防具を装備できるので防御力も高いですが、魔法は苦手です。オニオンソードが初期所持品に追加されます。
モンク
肉体を鍛錬して鋼と化し、武器ともする格闘のエキスパートです。凡庸な武器も、高い格闘技術で能力を最大限に引き出せるでしょう。白帯が初期所持品に追加されます。
白魔道士
治療や回復等の支援魔法を主体とする『白魔法』のエキスパートです。近接戦もこなせますが、刃物はタブーとされており使用できません。オニオンロッドケアル(魔法スクロール)が初期所持品に追加されます。
黒魔道士
攻撃や呪詛等の強力な攻撃魔法を主体とする『黒魔法』のエキスパートです。精神集中を妨げる重厚な防具は装備できず、アウトレンジ攻撃が基本戦術になります。オニオンスタッフストーン(魔法スクロール)が初期所持品に追加されます。
赤魔道士
白魔法』と『黒魔法』の両方を習得できる上、剣技にも長ける万能魔道士です。ただし、どれも極めるためには長い鍛錬を必要とします。オニオンダガーディア(魔法スクロール)が初期所持品に追加されます。
シーフ
正面から堂々と戦うよりも、敵の行動を妨げたりアイテムを盗み取ったりと、俊敏さを活かして戦闘を支援する、戦術のエキスパートです。オニオンナイフが初期所持品に追加されます。

6. キャラクター名とワールドサーバ

キャラクターの名前を決める

キーボードまたはソフトウェアキーボードを使用して名前をアルファベットで入力します。 名前は 3 文字以上 15 文字以下である必要があります。 '+' キーを押すことでランダムで名前を生成してくれます。 名前を入力し終えたら、'Enter' します。 もしエラーメッセージが表示された場合はキャラクターが登録されなかったことを意味するので、 別の名前でもういちど挑戦しましょう。 エラーメッセージが表示されなかった場合は正常に登録されたことになり、『ファイナルファンタジー XI』でのあなたの分身が無事、誕生したことになります。

所属するワールドサーバを決める

『ファイナルファンタジー XI』は多人数同時参加型オンラインロールプレイイングゲーム (MMORPG)と呼ばれるもので、大勢のプレイヤーが 同時にサーバ上に生成された仮想世界に参加することができるシステムを採用しています。 このシステムから、ワールドを単に "サーバ" と呼ぶこともよくあります。 しかし、ひとつのサーバ機器に同時ログインできる数には限界があるため、まったく同じ内容の並行世界を別のサーバ機器の上で生成させ、多くの人が楽しめるようにしています。 『ファイナルファンタジー XI』では、ワールドと呼ばれています。 2007 年 3 月 8 日からは、新たにキャラクターを作る度にそれぞれに好きなワールドを選ぶことができるようになりました。 以前は、キャラクターが所属するワールドを指定するにはワールドパスもしくはゴールドワールドパスが必要でした。 なお、キャラクターが所属するワールド名は、ゲームサーバにログインした直後にログウィンドウに表示されます。

後になってさらにキャラクターを追加作成しようと思ったときには、どのワールドに所属したいかをまた指定することが出来ます。 キャラクターの名前を入力したら、所属ワールドを指定することが出来ます(初期設定では、"指定なし"となっています)。 ワールド名の頭文字は大文字にしなければなりません。

ワールドパスリクェスト

ゴールドワールドパスが入り用ですか? ワールドパスリクェストページからワールドサーバ一覧を選んで、対応する FFXIclopedia フォーラムのワールドパスリクェストスレッドにアクセスしてリクェストしてみてください。

注意点

一度キャラクターを作成してしまうと、そのキャラクターは、キャラクターワールド移転サービスを利用する以外に他のワールドへは移動させることは出来ません。 この有償のサービスは、1 度に 16 キャラクターをそれぞれ任意のワールドへと移転させることが出来ます。 ただし、当該サービスを再度利用するには 90 日経過するのを待つ必要があります。

7. 所属国

ここまでくれば、あとは冒険開始時点での所属国を選ぶだけです。 決断する前に、種族と国家について一考してみるのもいいでしょう。 所属国が決まったら、ついに『ファイナルファンタジー XI』の世界へと足を踏み入れることができます。

キャラクターの作成が完了するとゲームに自動的にログイン、ゲームが始まります。 ここからは、同じワールドに所属する他のプレイヤーキャラクター (PC) とともに冒険をしていくことになります。

各国家の概説を見ても決められないときには、ウィンダス連邦サンドリア王国バストゥーク共和国の各ページが参考になるでしょう。 また、後になって気が変わったときや、他国のミッションを遂行して物語を紐解いてみたいときには、 ミッション遂行中でない限りは所属国をいつでも変更できます。 この変更によるコンクェスト個人戦績ミッションランクについてはペナルティを受けることはありません。 3 国のミッションランクを 10 にして、モグハウスの壁一面に三国のペナントを飾ることだって実際にできてしまいます。

所属国が決まれば、オープニングイベントシーンが始まります。

'"`UNIQ2ee3b0722f1ec74d-youtube-00000000-QINU`"'

オープニングイベントシーンが終了すると、あなたのキャラクターは所属国の街路の一角に立っています。 あなたの冒険がここから始まるのです!!

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki